連合会便り「山口連合会」(中国地区連盟)

(イラスト/わたなべ ふみ)
日本鳩レース協会は、連合会員と賛助会員の2種類の会員で構成されています。個人で種鳩を飼育し、国際委託鳩舎に選手鳩のヒナを預けて委託レースを行う賛助会員に対して、連合会員は各連合会に所属し、種鳩及び選手鳩を飼育・調教しており、国際委託鳩舎での委託レースはもちろん、自らの鳩舎で各団体が主催する鳩レースに参加できます。連合会は、レース鳩の飼育者、またはレース鳩の関心を持つ方々が組織する25名以上の団体で、年の作出羽数が500羽以上あることが条件。連合会は全国各地にあり、現在は約1万人の会員数が、レース鳩の飼育・調教とレースを楽しんでいます。当協会では随時、連合会員、賛助会員の入会を募集しております。

《連合会の構成》

発足年は昭和50年。最大連合会員数は、昭和50年頃で45名。

《地形・帰還コースの特色》

当連合会は本州西部にあり、広島県廿日市市、大竹市、山口県岩国市、柳井市辺りに位置します。岩国市は瀬戸内海に面しており、沖縄県の普天間基地に次ぐ、本土最大の空母艦載機を有する米軍基地があります。

レースは北コースで行っており、京都府、滋賀県、富山県などを放鳩地にしています。帰還コースは平たん地が少なく、主に山間部が飛翔コースになるため、帰還率や入賞は、気象条件に左右されることが多くなっています。

《強豪と飛び筋》

連合会の飛び筋としては、発足当時は在来系が主流で、南部系、ときわ系、100007系、岩田系、茶バラ系(地元の在来系)、石田五万系など使用。その後、スピード性を求める会員達により、モスキート、モナリザ、ファンネ、ヤンセン、パピヨン、オペル、ゴードンといった輸入系が導入されました。当時の記録として、1976年に稚内1500Kレースで片岡鳩舎が分速910.204メートルで優書しています。

現在の強豪鳩舎としては奥江正夫鳩舎が挙げられます。スピード性を重視する同鳩舎は広島県廿日市市に鳩舎を構えています。同地は山間部のため、猛禽類の被害に苦しめられていますが、モスキートやヤンセン系を使い、頑張っています。

《歴史や特徴》

当連合会の始まりは、昭和35年頃。広島県内の連合会でレースを行っていた米穀店経営者(※長距離の強豪鳩舎でした)の店に、鳩を飼育していた中学生や高校生が集まっており、店主の薦めで学生レースを始めたのがきっかけです。その仲間達が進学や就職で地元を離れる際、近隣にあった中村小鳥店に飼育鳩を預かって貰っていました。その後、昭和50年頃、その中村小鳥店の店主の発案で連合会が発足しました。地元の在来系である茶バラ系は、当時の学生が手放した鳩の混成系です。

また、当会の特徴としては、会員に鉄工関係の仕事をしている方が多く、会員の意向にて2005年に連合会の放鳩車を製作・使用していました(写真1)。しかしながら、会員数の減少や経費節減などの理由で、現在は山陰地区連盟にて使用されています。

《地元のお国自慢》

当地の名所としては、日本三大名橋である「錦帯橋」(注1)があげられます。また「錦帯橋」から徒歩10分の場所には、岩国市出身の作家・宇野千代の生家があります。なお、「錦帯橋」が掛かる錦川の下流には、米海兵隊の航空基地「米軍岩国基地」があり、毎年5月5日には「日米親善デー」が催されています。

名物では、別名「殿様寿司」とも呼ばれる「岩国寿司」(注2)があり、地元で親しまれています。

写真1=2005年に製作された放鳩車
注1=「錦帯橋」は、山口県岩国市にある錦川に架橋された木造の橋。1673年(延宝元年)に、岩国藩主・吉川広嘉によって最初の橋が建造されました。その後、幾度もの流失や再建を経て、現在は全長193.3メートル、幅員5.0メートルで石積の橋脚に5連の太鼓橋がアーチ状に組まれた構造となっています。主要部は継手や仕口といった組木の技術によって釘を使わずに造られており、世界的に見ても珍しい木造アーチ橋として知られています。
注2=「岩国寿司」は、山口県岩国市周辺で作られる押し寿司。岩国藩初代藩主の吉川広家が合戦に備えて作らせた保存食が町民にも広がったという説もがあり、「殿様寿司」とも呼ばれます。大きな木枠の中に、酢飯の上に春菊などの青菜、岩国名産の蓮根、椎茸、錦糸卵などをのせ、これを何層にも重ね、押し固め、木枠を抜いて、一人前サイズに切り分けて供します。岩国市では人の集まる「ハレの日」に欠かせない伝統料理となっています。

前へ

連載2-22、交配について その十

次へ

2017年秋季レジョナルレース 北海道ブロック連盟(2連盟)