連合会便り「銚子連合会」(千葉東地区連盟)

(イラスト/わたなべ ふみ)
日本鳩レース協会は、連合会員と賛助会員の2種類の会員で構成されています。個人で種鳩を飼育し、国際委託鳩舎に選手鳩のヒナを預けて委託レースを行う賛助会員に対して、連合会員は各連合会に所属し、種鳩及び選手鳩を飼育・調教しており、国際委託鳩舎での委託レースはもちろん、自らの鳩舎で各団体が主催する鳩レースに参加できます。連合会は、レース鳩の飼育者、またはレース鳩の関心を持つ方々が組織する25名以上の団体で、年の作出羽数が500羽以上あることが条件。連合会は全国各地にあり、現在は約1万人の会員数が、レース鳩の飼育・調教とレースを楽しんでいます。当協会では随時、連合会員、賛助会員の入会を募集しております。

《連合会の構成》

発足年は昭和53年。最大連合会員数は50名。

《地形・帰還コースの特色》

当連合会は、千葉県銚子市と茨城県神栖市に在住する会員を中心に構成されています。地形の関係上、放鳩地から直線を引いた場合、当地の帰還コースは海上となるため、西風や南風の条件でなければ、連盟での上位を狙えない特性があります。

《強豪と飛び筋》

当連合会の飛び筋としては、スマル系、ミニュエ系、ヤンセン系、勢山系、ケルペル系、D.マタイス系が挙げられます。

《歴史と特徴》

当連合会は、過去に東日本CH他の長距離レースで総合優勝を何度か獲得しています。先輩たちの実績に負けぬよう、日々努力を重ねています。

《地元のお国自慢》

地元の名所には、「犬吠埼灯台」(注1)、「屏風ヶ浦」(注2)などがあります。また、「銚子漁港」(注3)で採れる海鮮は絶品!2002年にはイワシとサバが漁獲量日本一となりました。

 

注1=「犬吠埼灯台」は千葉県銚子市の東突端に位置する犬吠埼に立つ灯台。日本に5つしかない最大の第1等レンズ、電球は400Wのメタルハライド電球を使用し、110万カンデラの光を放ちます。地上から塔頂までの高さは31.3mで、煉瓦製の建造物としては日本第2位の高さとなっています。明治7年に初点灯された歴史ある灯台です。
注2=「屏風ヶ浦」は、千葉県銚子市名洗町から旭市上永井の刑部岬までの海岸線に連なる断崖絶壁、海食崖のこと。イギリスとフランスの間のドーバー海峡にある崖に似ていることから、東洋のドーバーとも呼ばれています。2016年には、国の名勝及び天然記念物に指定されました。
注3=「銚子漁港」は千葉県銚子市にある漁港。まき網、敷網、はえなわといった漁業で、年間水揚量は全国有数となっています。イワシ、サバ、サメ、アジ類、サンマ、メヌケ、マグロといった豊富な海の幸が水揚げされています。

前へ

連載2-35、世界の鳩界事情 八

次へ

「2018年度 総合表彰式&2019年 チャリティー贈呈・懇親会」開催