連合会便り 酒田連合会(山形地区連盟)

(イラスト/わたなべ ふみ)
日本鳩レース協会は、連合会員と賛助会員の2種類の会員で構成されています。個人で種鳩を飼育し、国際委託鳩舎に選手鳩のヒナを預けて委託レースを行う賛助会員に対して、連合会員は各連合会に所属し、種鳩及び選手鳩を飼育・調教しており、国際委託鳩舎での委託レースはもちろん、自らの鳩舎で各団体が主催する鳩レースに参加できます。連合会は、レース鳩の飼育者、またはレース鳩の関心を持つ方々が組織する25名以上の団体で、年の作出羽数が500羽以上あることが条件。連合会は全国各地にあり、現在は約1万人の会員数が、レース鳩の飼育・調教とレースを楽しんでいます。当協会では随時、連合会員、賛助会員の入会を募集しております。

《連合会の構成》

発足年は昭和50年。最大会員数は発足当時で50名。

《地形・帰還コースの特色》

当連合会は、山形県酒田市を中心に会員が在住。庄内平野の最北地域に位置しています。レースは西コースで行っており、日本海側の西風や南風に乗ると、分速が出るため、総合優勝はもちろん全国タイトルも狙える地域です。

《強豪と飛び筋》

強豪としては、ここ20年で見ると連合会長の今井 久鳩舎。総合優勝36回と断トツの強さを誇ります。その他、川俣秋男鳩舎、阿部 誠鳩舎、佐藤金一鳩舎、岡部友喜鳩舎、阿部 健治鳩舎、池田久澄鳩舎といった面々が、上位入賞の常連です。また飛び筋としては、光風系、勢山系などが挙げられます。

《歴史と特徴》

当連合会は、庄内連合会と出羽連合会が、再統合して発足しました。またこの春、連合会のムードメーカー・余語今男氏が、44年のレース歴に終止符を打つこととなりました。300Kレースの放鳩後、体調を崩され入院したのですが、500K600Kレースにも参加。最終の桜花賞900Kへは、その選鳩眼で1羽のみ参加。すると、そのトリが見事に総合優勝を獲得しました。ご本人曰く、「終わり良ければ全て良し」とのことで、鳩レースを卒業されます。連合会の仲間としては寂しい気持ちもありますが、今後も鳩飼育は続けられるそうなので、仲良く、たまに口げんかもしながら(笑)、長いお付き合いをしていきたいと思います。余語さん、本当にお疲れさまでした。

《地元のお国自慢》

当地は、世界的に有名となったNHK連続テレビ小説「おしん」の里として有名です(注1)。また北に「鳥海山」、西に「日本海」、緑あふれる「庄内平野」と自然も豊か。名物料理としては、「海鮮丼」や「酒田のラーメン」があります。

注1=「おしん」は、1983年4月4日から1984年3月31日まで放送されていたNHK小説。作品内容は「戦中と戦後の混乱期を逞しく生きた女一代記」で全297話となっており、平均視聴率は52.6%、最高視聴率62.9%。これはビデオリサーチの統計史上、テレビドラマの最高視聴率記録のため、朝ドラの最高傑作とされています。 注2=「酒田のラーメン」のルーツは、昭和初期。市内で屋台を引いていた中国人から手ほどきを受けたことが元祖となります。麺は小麦粉と自家製麺にこだわり、スープはすっきりとした醤油味です。
注2=「酒田のラーメン」のルーツは、昭和初期。市内で屋台を引いていた中国人から手ほどきを受けたことが元祖となります。麺は小麦粉と自家製麺にこだわり、スープはすっきりとした醤油味です。

前へ

趣味のピジョンスポーツ 第21回「夢は八郷国際CH優勝、鳩友の快挙を目指して」 藤屋雅久鳩舎

次へ

当協会員が「黄綬褒章」を受章