連合会便り「茨城北連合会」(茨城地区連盟)

(イラスト/わたなべ ふみ)
日本鳩レース協会は、連合会員と賛助会員の2種類の会員で構成されています。個人で種鳩を飼育し、国際委託鳩舎に選手鳩のヒナを預けて委託レースを行う賛助会員に対して、連合会員は各連合会に所属し、種鳩及び選手鳩を飼育・調教しており、国際委託鳩舎での委託レースはもちろん、自らの鳩舎で各団体が主催する鳩レースに参加できます。連合会は、レース鳩の飼育者、またはレース鳩の関心を持つ方々が組織する25名以上の団体で、年の作出羽数が500羽以上あることが条件。連合会は全国各地にあり、現在は約1万人の会員数が、レース鳩の飼育・調教とレースを楽しんでいます。当協会では随時、連合会員、賛助会員の入会を募集しております。

《連合会の構成》

発足年は平成15年。最大連合会員数は、平成17年で40名。現在の会員数は36名。

《地形・帰還コースの特色》

当連合会は広大な北関東平野の北部に位置し、関東地域の鳩レースの帰還コースにも当たります。当地の帰還コースとしては、太平洋側に面した常磐線コース、内陸から帰った場合、東北本線コースの2通りが考えられます。また最近、悪天候レースの際には秋田県や岩手県、新潟県といった日本海側より迷い鳩の連絡を頂くケースも増えています。天候などの好条件が揃えば、高分速の素晴らしい成績が残せる地域だと思います。

《強豪と飛び筋》

当連合会の強豪鳩舎としては、毎年各レース上位入賞の常連であり、日本優秀鳩舎賞7回受賞のうさぎロフトが挙げられます。また17年には連合会会長の飛田輝明鳩舎が日本最優秀鳩舎賞を受賞しました。同年、飛田鳩舎は短・中・長距離とまんべんなく上位入賞を果たしましたが、ご本人曰く「総合優勝が欲しいなあ」と漏らしていました(笑)。その他、古参の実力者・光翔ロフト、斉藤・岡部ロフト、近年になって大躍進した小沼良幸鳩舎、若手の鈴木・大内ロフトなど、今後も活躍が楽しみな鳩舎がたくさん所属しています。

《歴史と特徴》

当連合会は、平成15年に新規発足。飛田会長を中心に笑いが絶えず、思ったことを自由に言える雰囲気があり、お互いに助け合いの精神を持った連合会です。

《地元のお国自慢》

当地には、広大な敷地を持つ「国営ひたち海浜公園」(注1)があり、過去の来園者は数千万人を誇ります。またテレビアニメ作品の「ガールズ&パンツァー」(注2)の舞台ともなっていることもあり、多くの若者が訪れています。

 

注1=「国営ひたち海浜公園」は茨城県ひたちなか市の太平洋岸にあり、総面積は350ヘクタールに及びます。公園内は7つのエリアに分かれており、海抜100mからの眺望を楽しめる大観覧車の他、28種類のアトラクションが揃う遊園地「プレジャーガーデン」、林間アスレチック広場やバーベキュー広場など、様々な施設が設置されています。また、各エリアを繋ぐサイクリングコースも整備され、広大な敷地を自由に行き来することができます。
注2=「ガールズ&パンツァー」は、株式会社アクタス制作による日本のオリジナルテレビアニメ作品。戦車同士の模擬戦が女性向けの武道として競技化され、華道や茶道と並ぶ大和撫子の嗜みとして認知されている世界を舞台に、戦車戦の全国大会で優勝を目指す女子高生たちの奮闘を描いています。主人公たちの高校は、巨大船舶の上に築かれた海上都市に所在する設定で、母港は茨城県東茨城郡大洗町。大洗町の店舗や宿泊施設、交通機関、役場や商工会などが協力・応援しており、同作品ファンにとっての聖地となっています。

前へ

2018年グランドナショナルレース 北海道南部地区連盟

次へ

連合会便り「船橋連合会」(千葉地区連盟)