2020年度 「八郷国際ダービー400K」開催!

国際委託鳩舎レースでは、当協会が運営する2つの鳩舎(八郷鳩舎=茨城県石岡市、伊賀鳩舎=三重県伊賀市)にて、全国の会員の方から委託されたレース鳩のヒナを育てて(飼育・調教・訓練)、複数回の鳩レースを行っています。鳩の帰還コースは、八郷鳩舎が秋と春に北コースで7レース(最長距離900Kキロで北海道汐見から茨城県まで)、伊賀鳩舎が秋と春に北コースで6レース(最長距離600キロで秋田県小砂川から三重県まで/併催2レース)を実施しています。元来、鳩レースを行うのは、費用と手間のかかるもの。それを「ヒナの段階まででレースを楽しめる」という手軽さもあって、現在では毎年1万羽近くの応募があり、ヒナ鳩を預けるために抽選を行わなければならないほど、人気を博しています。

八郷国際委託鳩舎シリーズの春季第3戦、「八郷国際ダービー400K」が、3月3日(火)に開催されました。

前レース「国際ウィナー300K」から11日間のインターバルを置き、コンディションを整えたレーサー達は、放鳩地・岩手県盛岡市から八郷の空を目指します。放鳩時間は午前7時15分、参加1312羽が一斉に放たれました。

持ち寄りの様子

八郷の空にトップ鳩が姿を現したのは、正午過ぎ。優勝を獲得したのは、守屋千賀子鳩舎(足立)委託の「19MA06514」。記録時刻は12時18分36秒7、優勝分速は1306.472メートルでした。続いて、第2位に入賞したのが、福井幸治鳩舎(賛助会員)委託「19DA16297」、第3位は時田 等鳩舎(木更津東)委託「19LB08656」となっています。

レーサー達の帰還シーン
入舎シーン

今レースでは、日の入りまでの当日帰還は653羽。記録範囲内である翌日までに724羽が帰還しています。

次からは、いよいよ八郷のメイン3レース。メインの第一戦は「国際親善鳩レース大会」。レーサー達の奮闘を期待します!

八郷国際ダービー400K ベストテン序列

順位 鳩舎名 鳩番号 記録時間 分速 所属
1位 守屋千賀子 19MA06514 12:18:36.7 1306.472 足立
2位 福井 幸治 19DA16297 12:18:38.2 1306.329 賛助会員
3位 時田  等 19LB08656 12:18:38.7 1306.329 木更津東
4位 須田 明雄 19DA06874 12:18:41.2 1306.114 賛助会員
5位 島田 成人 19EE08906 12:19:02.5 1304.610 新西陵
6位 中山 俊紀 19VV01727 12:20:00.7 1300.475 岡山
7位 西田  満 19OK16205 12:20:02.2 1300.333 三陸
8位 松本 良三 19SB04127 12:20:12.7 1299.623 三重第四
9位 丹羽  武 19DA11359 12:20:14.2 1299.481 賛助会員
10位 田村 和哉 19HL07372 12:20:15.7 1299.410 埼玉東部

〈優勝鳩の血統〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

2位鳩「19DA16297」
3位鳩「19LB08656」
帰還後のレーサー達

前へ

「2020年度 八郷国際ウィナー300K」開催!

次へ

「2020年度 伊賀国際サクセスレース200K」開催!