2つのテレビ番組が、レース鳩を紹介

NHK Eテレ(教育テレビ)の「シャキーン!」は、毎日朝7時から放映。
このコーナーでは、レース鳩や当協会に関する、会員の皆様から寄せられた事柄やマスメディアで紹介された事柄など、様々な情報をご提供します。

最近、テレビ番組で鳩レースの世界が紹介されることも増えています。先日も、NHK(日本放送協会)と民放・フジテレビジョンの各番組で、レース鳩が取り上げられました。

まずは、4月12日にNHK Eテレ(教育テレビ)で放映された「シャキーン!」(月〜金・午前7:00〜7:15)。こちらは、子供向けの知的エンターテイメントで、「いつもとは違うものの見方」や「柔軟な発想力」を楽しみながら身につけてもらおうという主旨の番組です。番組内ではレース鳩のクイズなどが紹介され、短いながらも子供達にレース鳩の世界を知ってもらうことができました。

もう一つは、フジテレビ系列で放映の「有吉弘行のダレトク!?」(毎週火・午後10:00〜10:54)です。この番組では、全国各地の面白い事柄や料理、生活の知恵といった情報を取り上げるバラエティ番組。4月18日の放映回で、「超高価なものを買う人を追跡する」というテーマで、レース鳩のオークションが取り上げられています。番組は、ベルギーのブルーへム市で開催された「Golden Duif」の鳩オークションの模様から始まります。レポーターは、お笑い芸人の星田英利さん。2000人以上の人が集まる会場の雰囲気にも驚いていましたが、それ以上にオークションで100万円を超える高値がつくレース鳩にビックリ。ちなみに、この日のオークション売り上げは、46羽の合計で約2800万円。100万円を超える鳩は5羽おり、落札の最高額は338万円だったそうです。

オークション後は、156万円で鳩を手に入れた高額落札者の一人、オランダ・ゲッフェンに住むジョン・ファンバンローイ氏(46歳)のお宅を追跡訪問。建築会社を経営するファンバンローイ氏は、オランダの長者番付にも載ったことがあるほどの大富豪。東京ドーム2個分が入る自宅敷地内に、12部屋の鳩舎で約500羽の種鳩と選手鳩を飼っており、もちろんご自身も鳩レースを行っています。その腕前は、オランダの当日長距離レースを代表するほどの強さで、「14年 ベルジアン・マスター」のファイナルレースでは、優勝も獲得されています。

ファンバンローイ氏の鳩舎で、17年に活躍が期待される同鳩舎の選手鳩『ジェームス』を掴ませてもらった、レポーターの星田さん。その筋肉の付き方に感心しながらも、飛ぶところを見せてくれるという同氏の申し出には、「逃げてしまったら責任が取れない」と少し及び腰。レース鳩の帰巣本能を知らなければ、無理もないかもしれませんね。放たれて、鳩舎上空をのびのびと旋回する『ジェームス』。ところが、猛禽類の登場でひと波乱。急いで給餌のサインを出したところ、無事に入舎しました。

その後、同氏が保有する種鳩(ポメルエル28,000羽中優勝など)を見せてもらったところで、レース鳩のコーナーは終了。出演者の皆さんもレース鳩の世界に感心しきりでした。

これからも、このような全国放送のテレビ番組で鳩レースの世界を様々な皆さんに知って頂きたいものですね。

引用/「有吉弘行のダレトク!?」(4/18放送回)より。※同番組は、フジテレビ系列で毎週火・午後10:00〜10:54に放映中。

前へ

2017年桜花賞レース 羽越ブロック連盟(3連盟)

次へ

「千翔会」が千葉県社会福祉協議会へ寄付