「2019年度 伊賀オリエンタルカップ700K」開催!

国際委託鳩舎レースでは、当協会が運営する2つの鳩舎(八郷鳩舎=茨城県石岡市、伊賀鳩舎=三重県伊賀市)にて、全国の会員の方から委託されたレース鳩のヒナを育てて(飼育・調教・訓練)、複数回の鳩レースを行っています。鳩の帰還コースは、八郷鳩舎が秋と春に北コースで7レース(最長距離900Kキロで北海道汐見から茨城県まで)、伊賀鳩舎が秋と春に北コースで6レース(最長距離600キロで秋田県小砂川から三重県まで/併催2レース)を実施しています。元来、鳩レースを行うのは、費用と手間のかかるもの。それを「ヒナの段階まででレースを楽しめる」という手軽さもあって、現在では毎年1万羽近くの応募があり、ヒナ鳩を預けるために抽選を行わなければならないほど、人気を博しています。

2019年度伊賀国際委託鳩舎シリーズ「オリエンタルカップ700Kレース」が、4月28日(日)に開催されました。

前レース「国際親善鳩レース大会600K」から15日のインターバルをおいての実施となります。今回の放鳩地は秋田県能代で、実距離は 686.388キロメートル。参加20羽は午前5時15分に放鳩され、伊賀鳩舎を目指しました。今レースは伊賀国際鳩舎シリーズの最終戦。好レースが期待されます。

さて結果は、残念ながら当日帰還はなし。トップ鳩が帰還の姿を現したのは、翌日の早朝である午前6時47分05秒でした。優勝の栄冠に輝いたのは、藤屋雅久鳩舎(賛助会員)委託の「18DA05234」。優勝分速737.193メートル、単羽帰還での優勝を果たしています。また第2位の入舎は午後12時47分35秒、須田明雄鳩舎(賛助会員)委託の「18DA05960」でした。

同レースの帰還は、以上2羽。これを持って、本年度の伊賀国際委託鳩舎シリーズは幕を閉じました。また来年、素晴らしいレースが開催されることを期待して待ちたいと思います!

伊賀・国際オリエンタルカップ700K ベストテン序列

順位 鳩舎名 鳩番号 記録時刻 分速 所属
1位 藤屋 雅久 18DA05234 06:47:05 737.193 賛助会員
2位 米田幸由司 18XY00121 12:47:35 531.431 賛助会員
           
           
           
           
           
           
           
           

優勝鳩の血統

※しばらくお待ちください。
 
祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

前へ

「2019年度 伊賀国際親善鳩レース大会600K」開催!

次へ

「2019年度 八郷国際チャンピオン900K」開催!