「2019年度 八郷オータムカップ200K」開催!

国際委託鳩舎レースでは、当協会が運営する2つの鳩舎(八郷鳩舎=茨城県石岡市、伊賀鳩舎=三重県伊賀市)にて、全国の会員の方から委託されたレース鳩のヒナを育てて(飼育・調教・訓練)、複数回の鳩レースを行っています。鳩の帰還コースは、八郷鳩舎が秋と春に北コースで7レース(最長距離900Kキロで北海道汐見から茨城県まで)、伊賀鳩舎が秋に西コースで6レース(最長距離500キロで山口県下関から三重県まで/併催2レース)を実施しています。元来、鳩レースを行うのは、費用と手間のかかるもの。それを「ヒナの段階まででレースを楽しめる」という手軽さもあって、現在では毎年1万羽近くの応募があり、ヒナ鳩を預けるために抽選を行わなければならないほど、人気を博しています。

2019年度 八郷国際委託鳩舎シリーズの秋季プレレース「八郷オータムカップ200K」が、12月2日(土)に開催されました。

八郷国際委託鳩舎は、春季シーズンに200K~900Kまでの6レースをメインに開催されています。前年の秋に開催されるこのレースは、いわば前哨戦。今年委託された若鳩達にとっては初レースとなる一戦です。同レースの放鳩地は福島県南相馬市原町で、実距離は172.313キロメートル。今年の参加2,331羽は、午前7時10分に放鳩されました。

トップ集団が帰還地の上空に姿を現したのは、放鳩から2時間後の9時過ぎ頃。一番手の集団が上空を旋回し入舎のチャンスを伺う中、第2集団、第3集団が次々と加わるという団子状態。ワンロフトレースの短距離レースは、同時間帯に多数の帰還鳩が入舎を争うため、非常に迫力のある帰還シーンとなり、シーズンの見どころの一つでもあります。もちろん、優勝には運も必要となります。

帰還シーン

一番手が入舎したのは午前9時19分台。優勝は児玉光三鳩舎(武蔵野)委託の「18MB11052」。打刻時間は午前9時19分33秒8、分速1330.089メートル。2位との差は2秒で、見事に優勝を獲得しました。誠におめでとうございます。

当日の記録鳩は1,754羽(100K、200Kは放鳩当日が記録)で、帰還率はやく7割5分となっています。また、翌日の午後4時の時点で計1847羽が帰還し、トータルの帰還率は8割弱の好レースとなりました。これからの舎外・訓練などで、さらに鍛えこまれたレーサー達によって、来春シーズンの熱戦が繰り広げられます。こうご期待!

なお、今レースのベストテンの結果は以下の通りです。

八郷オータムカップ200K ベストテン序列

順位 鳩舎名 鳩番号 記録時刻 分速 所属
1位 児玉光三 18MB11052 09:19:33.8 1330.089 武蔵野
2位 若林 登 18DA11028 09:19:35.3 1329.747 賛助会員
3位 二見隆雄  18EE07082 09:19:35.3  1329.747 神奈川県央
4位 岡 裕三 18VE01234 09:19:39.8 1329.063 山陽
5位 酒巻正明 18HS03018 09:19:40.8 1328.892 土浦第一
6位 渡邊邦夫 18DA17925 09:19:40.8 1328.892 賛助会員
7位 山岸 誠 18JH01826 09:19:40.8 1328.892 上州
8位 新井 繁 18KA20143 09:19:41.3 1328.721 埼玉北辰
9位 菊地幸藏 18DA06873 09:19:41.3 1328.721 賛助会員
10位 新津光昭 18DA10611 09:19:41.3 1328.721 賛助会員

優勝鳩の血統

※しばらくお待ちください。

 
祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

前へ

連合会便り「武蔵野連合会」(東京西地区連盟)

次へ

連載2-33、世界の鳩界事情 六