東北南部ブロック連盟が、社会福祉協議会へ寄付

寄付金を手渡す、大友勝好東北南部ブロック連盟長(左)
このコーナーでは、レース鳩や当協会に関する、会員の皆様から寄せられた事柄やマスメディアで紹介された事柄など、様々な情報をご提供します。

今年の7月7日、東北南部ブロック連盟(大友勝好ブロック連盟長)では、東日本大震災から7年目として、今年度のブロック連盟の総会を被災地である福島県相馬市の「ホテル夕鶴」で開催しました。

総会に先立ち、被災地域の方々への支援に役立て貰おうと、相馬市社会福祉協議会の只野裕一会長へ寄付金を手渡しています。同協議会は「お預かりした寄付金は、会が行う住民主体の福祉活動の貴重な財源として、大切に使わせていただきます。誠にありがとうございました」と感謝の意を示されました。

まだまだ復興の道半ばの東北地域。この寄付金が、その一助になれば幸いですね。

(資料提供:宮城地区競翔連盟広報担当)

前へ

「2019年度 八郷国際サクセス200K」開催!

次へ

小学校の創立記念日で鳩レース講話