千葉東連盟が社会福祉法人へ寄付

寄付金を渡す鶴岡連盟長(写真右より鶴岡連盟長、伊藤澄子理事長、大熊施設長)
このコーナーでは、レース鳩や当協会に関する、会員の皆様から寄せられた事柄やマスメディアで紹介された事柄など、様々な情報をご提供します。

当協会の所属団体である各ブロック連盟、地区連盟では、社会貢献の一環として、各自治体や福祉団体に寄付をしているケースが多くみられます。
さる1月20日には、千葉東連盟が千葉県佐倉市にある社会福祉法人「えのき会」へ寄付を贈呈しました。同法人は障害を持っている方々が地域に根差し、受け入れ可能な施設づくりに取り組んでおり、障害者の皆さんが自立した日常生活を営むことができるよう支援することを目的に活動されています。
日本鳩レース界全体が各地域社会へ貢献できるよう、各団体及び会員個人としても、このような活動を続けていきたいものですね。(資料提供/千葉東地区連盟)

前へ

「第73回 全国レース鳩品評会」開催!

次へ

連載2-48、世界の鳩界事情 その二十一