地方新聞が鳩レースの特集を掲載

9月19日付「新潟日報・おとなプラス」より
このコーナーでは、レース鳩や当協会に関する、会員の皆様から寄せられた事柄やマスメディアで紹介された事柄など、様々な情報をご提供します。

鳩レースの記事が様々な媒体で取り上げられています。この9月、新潟県の地方新聞「新潟日報」の夕刊「おとなプラス」で鳩レースが特集されました。

トップ一面から三面までに掲載された記事の中では、レース鳩の紹介や新潟県の会員諸氏の取材コメントも掲載されています。紹介されたレースマンは3名。まずは飼育歴78年、83才のベテラン・乙川 清さん(新潟北越)。「鳩を飼育するのが健康の秘訣」といい、レースの度に「家を忘れないでよく帰ってきてくれたなあ」と愛鳩に目を細められています。次に本年度、協会タイトルの一つ「衆議院議長賞全国最高分速」を受賞した植木清三郎さん(新潟第一)。受賞について「種鳩を譲ってくれた鳩仲間に恩返しができて良かった」とコメント。最後は羽越ブロック連盟長の小黒良作さん(長岡)。「遠くから早く、確実に鳩を帰す。そこにロマンがある」と鳩レースの魅力を語っています。

この記事をきっかけとして、新潟県民の皆さんへ、これまでよりもさらに鳩レースの認知が広まることでしょう。

(資料提供/小黒良作 氏・長岡連合会)

前へ

GN覇者・野澤鳩舎を地元テレビ局が紹介

次へ

「2017年度 伊賀国際サクセス・連合会対抗レース200K」開催!