2017年地区ナショナルレース 東海ブロック連盟(3連盟)

ナショナルレースとは、当協会所属のブロック連盟、または地区競翔連盟が実施する鳩レースで、「地区ナショナルレース」、「グランプリレース」、「グランドナショナルレース」の3種類があります。地区ナショナルレースは、公称距離600Kとなっており、鳩レースでは中・長距離に分類されます。

●東海地区連盟600K(秋田県能代より4月5日6時20分放鳩)

09年日本優秀鳩舎賞全国3位の加藤正祝鳩舎(東海連合会)が、優勝分速1103.025メートルで、東海連盟の地区Nを制しています。なお加藤鳩舎は総合4位にも獲得し、ベストテン内に2羽を入賞させました。同連盟の春Rgを制した坪井和利鳩舎(尾張連合会)が総合2位、総合3位には加古一富鳩舎(東海連合会)が入賞しています。また、三勇ロフト(名親連合会)は、総合5位・総合6位・総合7位・総合10位と、4羽を上位入賞させています。

〈総合優勝〉

加藤正祝鳩舎(東海連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
16SA08957 B 635.048キロ 9時間35分44秒 1103.025m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※ペンディング しばらくお待ちください。

●濃尾地区連盟600K(秋田県能代より4月23日9時30分放鳩)

総合優勝は、優勝分速1336.963メートルで、尾北連合会の中島八英鳩舎が獲得。総合2位は、総合5位も獲得で2羽を入賞させた安藤芳彦鳩舎(尾北連合会)でした。また総合3位・総合10位には、97年日本最優秀鳩舎賞の大橋憲夫鳩舎(岐阜県連合会)、総合6位・総合7位・総合9位には、07年日本最優秀鳩舎賞の神谷 中鳩舎(尾北連合会)と全国レベルの強豪も、複数羽をベストテン内に入れてきています。なお先日、ワンツースリー独占で春Rgを制した佐藤・水谷共同鳩舎(岐阜県連合会)も、総合4位に入賞しています。

〈総合優勝〉

中島八英鳩舎(尾北連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
16SA02877 B 615.292キロ 7時間40分13秒 1336.963m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※ペンディング しばらくお待ちください。

●三重地区連盟700K(秋田県能代より4月5日6時放鳩)

総合優勝・総合2位・総合3位・総合4位と、三重第三連合会の塚本和樹鳩舎が、上位4位までを独占して、三重連盟の地区Nを制しています。また総合5位・総合6位・総合10位に浜田充弘鳩舎、総合7位・総合8位・総合9位に小池一誠鳩舎と、三重第二連合会勢が、それぞれ3羽をベストテン内に入賞させています。

〈総合優勝〉

塚本和樹鳩舎(三重第三連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
16SB09537 BC 703.282キロ 11時間18分57秒 1035.837m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※ペンディング しばらくお待ちください。

前へ

2017年地区ナショナルレース 中部ブロック連盟(5連盟)

次へ

2017年地区ナショナルレース 北陸ブロック連盟(3連盟)