2020年地区ナショナルレース 東京ブロック連盟(4連盟)

ナショナルレースとは、当協会所属のブロック連盟、または地区競翔連盟が実施する鳩レースで、「地区ナショナルレース」、「グランプリレース」、「グランドナショナルレース」の3種類があります。地区ナショナルレースは、公称距離600Kとなっており、鳩レースでは中・長距離に分類されます。

●東京東地区連盟600K(青森県野辺地より3月2日6時30分放鳩/参加1344羽65鳩舎)

足立連合会の山崎十希男鳩舎が、優勝分速1109.482メートルで、東京東連盟の地区Nを制しました。総合2位・総合4位は東京北部連合会の菊地庸二鳩舎、総合3位には昨年の同レース覇者である新葛連合会の平川利夫鳩舎が、それぞれ入賞しています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/tokyo-higashi.html

〈総合優勝〉

山崎十希男鳩舎(足立連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
19MA06313 BCW 578.280キロ   1109.482m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

●東京中地区連盟600K(青森県三沢より3月19日7時放鳩/参加580羽33鳩舎)

東京中連盟の地区Nを制したのは、優勝分速1001.017メートルで、ニュー東京連合会の牛込正一鳩舎。総合2位・総合7位は芦川靖雄鳩舎、総合3位・総合4位には佐藤 茂鳩舎と、ニュー東京連合会勢でベストスリーを占めています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/tokyo-naka.html

〈総合優勝〉

牛込正一鳩舎(ニュー東京連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
18MM00252 BC 562.655キロ   1001.017 m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

●東京西地区連盟600K(青森県三沢より3月21日6時10分放鳩/参加1832羽92鳩舎)

16年日本最優秀鳩舎賞受賞の鹿島成浩鳩舎(武蔵野)が、優勝分速1053.253メートルで、東京西地区連盟の地区Nを制しました。鹿島鳩舎は総合4位にも入賞し、2羽をベストテン内に入賞させています。総合2位・総合6位は東京鳩栄連合会の篠田久義鳩舎、総合3位には練馬連合会の山下鉄次郎鳩舎が、それぞれ入賞。また総合5位・総合10位と、西武蔵連合会の大塚栄一鳩舎が、2羽をベストテン内に入賞させています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/tokyo-nishi.html

〈総合優勝〉

鹿島成浩鳩舎(武蔵野連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
19MB08851 B 571.881キロ   1053.253m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

●東京多摩地区連盟600K(青森県三沢より3月19日7時放鳩/参加586羽56鳩舎)

総合ワンツーフィニッシュ&総合5位・総合7位と、4羽をベストテン内に入賞させた多摩東部連合会の本橋博美鳩舎が、東京多摩連盟の地区Nを制しました。優勝分速は976.306メートルでした。総合3位は同じく多摩東部連合会の伊藤 素鳩舎が入賞。また総合3位・総合9位・総合10位と、昨年の同レース覇者である多摩東部連合会の斎藤 実鳩舎が3羽をベストテン内に入賞させています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/tokyo-tama.html

〈総合優勝〉

本橋博美鳩舎(多摩東部連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
18MK00772 B 564.012キロ 9時間37分42秒 976.306 m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

前へ

2020年地区ナショナルレース 千葉ブロック連盟(4連盟)

次へ

2020年地区ナショナルレース ニュー神奈川ブロック連盟(4連盟)