「2021年度 伊賀オリエンタルカップ600K」開催!(速報)

国際委託鳩舎レースでは、当協会が運営する2つの鳩舎(八郷鳩舎=茨城県石岡市、伊賀鳩舎=三重県伊賀市)にて、全国の会員の方から委託されたレース鳩のヒナを育てて(飼育・調教・訓練)、複数回の鳩レースを行っています。鳩の帰還コースは、八郷鳩舎が秋と春に北コースで7レース(最長距離900Kキロで北海道汐見から茨城県まで)、伊賀鳩舎が秋と春に北コースで6レース(最長距離600キロで秋田県小砂川から三重県まで/併催2レース)を実施しています。元来、鳩レースを行うのは、費用と手間のかかるもの。それを「ヒナの段階まででレースを楽しめる」という手軽さもあって、現在では毎年1万羽近くの応募があり、ヒナ鳩を預けるために抽選を行わなければならないほど、人気を博しています。

2021年度伊賀国際委託鳩舎シリーズ「オリエンタルカップ600Kレース」が、4月23日(金)に開催されました。

前レース「国際親善鳩レース大会400K」から16日のインターバルで開催された同レースは、秋田県小砂川からの放鳩。実距離は 579.999キロメートルとなります。前日の夜11時に伊賀鳩舎を出発した参加136羽のレーサー達は、午前7時10分に放鳩され、一路、伊賀の地を目指します。

さて、伊賀上空に鳩影が姿を現したのは、午後3時前。優勝の栄冠に輝いたのは、京都雅連合会が委託した「20XA12677」。記録時刻は14時59分0秒6でした。第2位には、豊中連合会委託の「20XA04260」。第3位は、熊本東連合会が委託した「20YH09965」が入賞しています。

なお、今レースでは優勝から第8位までが、わずか8秒の間に入舎するという、白熱のレース展開となっています。

上位に優入賞された皆さん、誠におめでとうございました。その他、各レースのベストテン鳩舎は、以下をご参照ください。

※4/23PM17:10時点で、当日帰還35羽。

伊賀・オリエンタルカップ600Kベストテン序列

順位 鳩舎名 鳩番号 記録時間 分速 所属
1位 京都雅連合会 20XA12677  14:59:00.6 1236.672m  
2位 豊中連合会 20XA04260 14:59:01.2 1236.628m  
3位 熊本東連合会 20YH09965  14:59:05.1 1236.452m  
4位 成田連合会 20LK18450 14:59:05.4 1236.452m  
5位 坂東 泰宏 20DA08693 14:59:05.4 1236.452m 賛助会員
6位 三重第四連合会 20SB04310 14:59:06.1 1236.408m  
7位 豊中連合会 20XA04402 14:59:06.1 1236.408m  
8位 新西陵連合会 20EE05862 14:59:08.4 1236.320m  
9位 瀬戸内連合会 20VV00897 15:03:05.6 1225.998m  
10位 二星 卓哉 20VE00813 15:03:08.6 1225.868m 東広島

優勝鳩の血統

※しばらくお待ちください。

 
祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

 

前へ

趣味のピジョンスポーツ 第18回「鳩作りは芸術、夢は大レースでの優勝」 丹羽 進鳩舎

次へ

2021年春季レジョナルレース 北海道ブロック連盟(2連盟)