2017年桜花賞レース 四国ブロック連盟(2連盟)

桜花賞レースとは、公称距離900K以上のレースで、鳩レースでは長距離に分類されます。長距離レースのため、他地域団体との合同放鳩、広域レースとなることも多いのですが、その中で各地区連盟ごとに序列が組まれています。

●四国地区連盟

※ペンディング しばらくお待ちください。

●全四国地区連盟800K-900K(秋田県能代より5月2日5時10分放鳩)

全四国連盟の桜花賞を制したのは、優勝分速1254.578メートルで、阿波連合会の松村恵二鳩舎。総合2位は、昨年の同ブロックチャンピオンである林 英司鳩舎(阿波連合会)、総合3位は15年の同ブロックチャンピオン赤松正紀鳩舎(阿波連合会)が入賞。なお、赤松鳩舎は総合7位・総合8位とベストテンに3羽を入れており、総合4位・総合5位の小比好人鳩舎(阿波連合会)も2羽を上位入賞させています。。

〈総合優勝〉

松村恵二鳩舎(阿波連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
15WN06488 B 834.587キロ 11時間05分14秒 1254.578m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※ペンディング しばらくお待ちください。

前へ

2017年グランプリレース 茨城・茨城中二地区連盟

次へ

「2017年度 八郷国際チャンピオン900K」開催!