2017年グランドナショナルレース 北海道北部地区連盟

ナショナルレースとは、当協会所属のブロック連盟、または地区競翔連盟が実施する鳩レースで、「地区ナショナルレース」、「グランプリレース」、「グランドナショナルレース」の3種類があります。グランドナショナルレースは、公称距離1000K以上となっており、鳩レースでは長距離、超長距離に分類されます。なお、基本的にブロック連盟による合同レースとなります(申請すれば、単独連盟の開催も可)。また、広域レースとは複数のブロック連盟で合同レースを行い、序列を組みます。広域地域より大羽数が参加するレースとなるため、これらのレースで総合優勝することが、多くのレースマンの目標となっています。

●北海道北部地区連盟1000K(京都府東舞鶴より5月19日5時15分放鳩)

北海道北部連盟のGNを制したのは、優勝分速1503.982メートルで、ニュー札幌連合会の小島信敏鳩舎。総合2位は札幌連合会の富永錦弥鳩舎、総合3位が小樽連合会の佐藤一弥鳩舎でした。なお、総合5位・総合6位に札幌連合会の矢部卓照鳩舎が入賞。2羽をベストテン内に入れています。

〈総合ベストスリー〉

総合優勝:小島信敏鳩舎(ニュー札幌連合会)
総合2位 :富永錦弥鳩舎(札幌連合会)
総合3位 :佐藤一弥鳩舎(小樽連合会)

順位 鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
総合優勝 16AA01827 B 995.787キロ 11時間02分06秒 1503.982m
総合2位 16AA15390 BW 992.184キロ 10時間59分57秒 1503.422m
総合3位 16AA09554 BC 936.606キロ 10時間22分59秒 1503.421m

〈総合ベストスリー鳩の血統紹介〉

※ペンディング しばらくお待ちください。

前へ

2017年グランドナショナルレース 羽越ブロック連盟

次へ

2017年グランプリレース 東海・三重二地区合同