2018年桜花賞レース 北陸ブロック連盟(3連盟)

ナショナルレースとは、当協会所属のブロック連盟、または地区競翔連盟が実施する鳩レースで、「地区ナショナルレース」、「グランプリレース」、「グランドナショナルレース」の3種類があります。地区ナショナルレースは、公称距離600Kとなっており、鳩レースでは中・長距離に分類されます。

●北陸北地区連盟900K(北海道沼田より5月12日4時50分放鳩)

総合ワンツーを獲得した、高岡連合会の木村龍彦鳩舎が総合優勝を獲得。優勝分速は725.236メートルでした。また総合3位・4位に砂子富男鳩舎、総合5位・総合10位に藤井直将鳩舎、総合8位・総合9位に松原 修鳩舎と、富山連合会勢がそれぞれ2羽をベストテン内に入れています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/hokurikukita.html

〈総合優勝〉

木村龍彦鳩舎(高岡連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
15RA00166 BC 887.012キロ 20時間23分04秒 725.236m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

“一龍CH奈々緒”
15RA00166 BC ♀ 木村龍彦 作翔(高岡)

祖父

09RA07124 RC 木村龍彦 作
直仔/Rg400K総合優勝

“CHⅡ”
01RA03751 RC 海老利明 作翔
北陸ブロック総合2位

祖母

05RA03214 BC 木村 作翔
300K2位 

祖父
06RA00694 B 木村龍彦 作
直仔/同上

97RA07529 BCW 千田久雄 作

祖母

04RA10412 BC 木村 作翔
Rg・地区N・GP3レース連続入賞

●北陸南地区連盟900K(北海道沼田より5月12日4時50分放鳩)

総合優勝・総合5位・総合10位と、ベストテン内に3羽を入賞させた金沢連合会の吉田憲二鳩舎が、北陸南連盟の桜花賞を制しました。総合2位には同じく金沢連合会の北口純一鳩舎が入賞。また、総合3位・総合6位・総合7位に熊谷好修鳩舎、総合6位・総合9位に藤井孝彦鳩舎と、福井県連合会勢がそれぞれ複数羽を上位入賞させています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/hokuriku-minami.html

〈総合優勝〉

吉田憲二鳩舎(金沢連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
16RB01437 BC 949.470キロ 20時間01分00秒 790.566m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

“再姫”
16RB01437 BC ♀ 吉田憲二 作翔(金沢)
*18年春Rg総合30位、地区N総合5位、連盟AP1位
異父兄弟/16年桜花賞総合優勝

祖父

10RB02355 RC 杉田政雄 作
同腹の仔/地区N総合7位・21位

04RB00200 B 柳沢一成 作
“クリスタルキング”近親系
直仔/桜花賞総合9位

祖母

09RB04046 BC 藤原 作
フェルテルマン系
孫/連合会AP3位

祖父

09RB01186 B 下道隆章 作
12年GP700K12位、13年GN1100K2位
直仔/16年桜花賞総合優勝

04RB06506 S 河村栄作 作
“玄末865”דインテル18”

祖母

08DA23264 B 下道 作
桜花賞4位×GP7位

●石川地区連盟

〈総合優勝〉

鳩舎(連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
      キロ 時間分秒

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

前へ

2018年グランプリレース 全四国地区連盟

次へ

2018年グランドナショナルレース 九州ブロック連盟