2017年地区ナショナルレース 東京ブロック連盟(4連盟)

ナショナルレースとは、当協会所属のブロック連盟、または地区競翔連盟が実施する鳩レースで、「地区ナショナルレース」、「グランプリレース」、「グランドナショナルレース」の3種類があります。地区ナショナルレースは、公称距離600Kとなっており、鳩レースでは中・長距離に分類されます。

●東京東地区連盟600K(青森県野辺地より3月19日7時10分放鳩)

東京東連盟の地区Nを制したのは、総合優勝・総合5位と2羽をベストテン内に入賞させた、東京一之江連合会の高瀬政一鳩舎。総合2位・総合6位が、新葛連合会の佐藤 昭鳩舎、総合3位・総合7位は江東連合会の富沢栄一鳩舎と、それぞれ2羽が入賞させました。また、強豪の河原雅基鳩舎(ベイ東京連合会)も、春Rgに続き、地区Nでも総合9位入賞と、好調をキープしています。

〈総合優勝〉

高瀬政一鳩舎(東京一之江連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
16MA04351 BC 584.896キロ 6時間51分57秒 1419.822m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※ペンディング しばらくお待ちください

●東京中地区連盟600K(青森県三沢より3月19日6時30分放鳩)

総合優勝&総合3位から総合9位まで、ベストテン内に8羽を入賞させた強豪の及川 茂鳩舎(新日本連合会)。春Rgに続き、得意の固め打ちで今シーズンも盤石の態勢です。なお、総合2位に、東京本所連合会の三森啓吾鳩舎、総合10位にはニュー東京連合会の芦川靖雄鳩舎が入賞しています。

〈総合優勝〉

及川 茂鳩舎(新日本連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
16MM00531 B 568.762キロ 6時間45分33秒 1402.446 m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※ペンディング しばらくお待ちください

●東京西地区連盟600K(青森県三沢より3月18日7時30分放鳩)

春Rgに引き続き、昨年の「日本最優秀鳩舎賞」受賞の鹿島成浩鳩舎(武蔵野連合会)が、総合ワンツー獲得で総合優勝!絶好調の同鳩舎、2年連続日本一も視野に入ってきました。また、総合8位・総合9位には、鹿島鳩舎と同じ武蔵野連合会の田中誠治鳩舎が、ベストテン内に2羽を入賞させています。なお、“岩田系”一本で勝負する梅若和子鳩舎(武蔵野連合会)も総合5位に入賞しています。

〈総合優勝〉

鹿島成浩鳩舎(武蔵野連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
16MB03961 B 571.881キロ 7時間12分15秒 1323.032m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※ペンディング しばらくお待ちください

●東京多摩地区連盟600K(青森県野辺地より3月18日6時47分放鳩)

春Rgに引き続き、多摩東部連合会の本橋博美鳩舎が、東京多摩連盟の地区Nを制しています。本橋鳩舎は、他にも総合3位・総合8位・総合9位に入賞しており、絶好調です。また、総合4位・総合5位には、多摩東部連合会のシイナロフトが、2羽をベストテン内に入賞させています。

〈総合優勝〉

本橋博美鳩舎(多摩東部連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
16MK03393 B 578.060キロ 7時間33分08秒 1275.696 m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※ペンディング しばらくお待ちください

前へ

2017年春季レジョナルレース 北陸ブロック連盟(3連盟)

次へ

2017年春季レジョナルレース 東北北部ブロック連盟(3連盟)