2022年桜花賞レース 千葉ブロック連盟(5連盟)

桜花賞レースとは、公称距離800K以上のレースで、鳩レースでは長距離に分類されます。長距離レースのため、他地域団体との合同放鳩、広域レースとなることも多いのですが、その中で各地区連盟ごとに序列が組まれています。

●千葉地区連盟900K(北海道秩父別より5月17日5時放鳩/参加212羽36鳩舎)

千葉連盟の桜花賞を制したのは、八田 伸鳩舎(下総)。優勝分速は789.240メートルでした。総合2位・総合8位は今田俊児鳩舎(下総中央)、総合3位は柳沢時雄鳩舎(房総)が、それぞれ入賞しています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/chiba.html

〈総合優勝〉

八田 伸鳩舎(下総連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
21LB01320 BC 909.994キロ 19時間13分0秒 789.240m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

●千葉東地区連盟900K(北海道秩父別より5月17日5時放鳩/参加814羽91鳩舎)

総合優勝・総合3位と2羽をベストテン内にいれた、上総連合会の小島 容鳩舎が、千葉東連盟の桜花賞を制しました。優勝分速は1092.761メートルです。総合2位・総合8位には、小川安都志鳩舎(東金セントラル)が入賞。また総合5位・総合9位に北野雅雄鳩舎(北総)、総合6位・総合7位に川口幸男鳩舎(東総)と、それぞれ2羽をベストテン内に入れています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/chibahigashi.html

〈総合優勝〉

小島 容鳩舎(上総連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
19LK10122 BC 941.778キロ 14時間21分50秒 1092.761m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

●平成千葉地区連盟900K(北海道汐見より5月11日5時放鳩/参加370羽65鳩舎)

平成千葉連盟の桜花賞は、総合優勝・総合5位と2羽を上位入賞させた常南連合会の長妻 優鳩舎が制しました。優勝分速は844.128メートルでした。総合2位は坂本 昇鳩舎(つくば南部)、総合3位に藤原・山崎共同鳩舎(常北)が入賞しています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/heiseichiba.html

〈総合優勝〉

長妻 優鳩舎(常南連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
21LC10829 G 958.451キロ 18時間55分26秒 844.128m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

●千葉南地区連盟1000K(北海道汐見より5月11日5時放鳩/参加45羽4鳩舎)

千葉南連盟の桜花賞は、記録範囲内帰還が5羽。総合優勝・総合3位・総合4位と、3羽をベストテン内に入れた木更津連合会の泉水雅巳鳩舎が、トップの座を獲得。優勝分速は944.507メートルでした。また総合2位には、釼持純一鳩舎(木更津)が入賞しています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/chibaminami.html

〈総合優勝〉

泉水雅巳鳩舎(木更津連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
21LS04449 BC 1015.833キロ 17時間55分31秒 944.507m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

前へ

2022年桜花賞レース 埼玉ブロック連盟(1連盟)

次へ

2022年桜花賞レース 東京ブロック連盟(4連盟)