2017年桜花賞レース 羽越ブロック連盟(3連盟)

桜花賞レースとは、公称距離900K以上のレースで、鳩レースでは長距離に分類されます。長距離レースのため、他地域団体との合同放鳩、広域レースとなることも多いのですが、その中で各地区連盟ごとに序列が組まれています。

●山形地区連盟900K(山口県長門より5月5日6時放鳩)

山形連盟の桜花賞を制したのは、上位に3羽を入賞(総合優勝・総合3位・総合4位)させた今井 久鳩舎(酒田)。総合2位には山形中央連合会の伊藤 啓鳩舎が入賞しています。また、総合6位・総合9位には、酒田連合会の池田久澄鳩舎が入賞。2羽を上位入賞させています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/yamagata.html

〈総合優勝〉

今井 久鳩舎(酒田連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
16FA01358 BC 925.310キロ 7時間44分16秒 1993.060m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

●新潟地区連盟900K(福岡県福岡空港より4月29日6時10分放鳩)

新潟連盟の桜花賞は、ベストスリーを独占した長岡中央連合会の山崎 等鳩舎が、総合優勝を獲得。優勝分速1399.318メートルでした。また総合7位・総合8位と、同じく長岡中央連合会の小黒良作鳩舎、総合4位・総合10位に長岡連合会のA&Kロフトと、それぞれ2羽を上位入賞させています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/niigata.html

〈総合優勝〉

山崎 等鳩舎(長岡中央連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
17FB01417 BC 869.979キロ 10時間21分43秒 1399.318m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

●新潟中央地区連盟900K(福岡県福岡空港より4月29日6時10分放鳩)

ワンツーフィニッシュ&総合8位・総合9位と4羽をベストテン内に固め打ちした、日本海連合会の長谷川 傑鳩舎が新潟中央連盟の桜花賞を制しました。また、総合5位・総合6位と、新潟連合会の時田正明鳩舎が上位に2羽を入賞させています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/niigata-cyuou.html

〈総合優勝〉

長谷川 傑鳩舎(日本海連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
17FF06175 BW 916.842キロ 10時間11分56秒 1498.271m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

前へ

2018年桜花賞レース 東北南部ブロック連盟(3連盟)