2018年桜花賞レース 東海ブロック連盟(3連盟)

桜花賞レースとは、公称距離900K以上のレースで、鳩レースでは長距離に分類されます。長距離レースのため、他地域団体との合同放鳩、広域レースとなることも多いのですが、その中で各地区連盟ごとに序列が組まれています。

●東海地区連盟1000K(北海道余市より5月12日5時放鳩)

東海連盟の桜花賞は、記録範囲内帰還が10羽。総合優勝は分速505.099メートルで、加藤正祝鳩舎が獲得。総合2位は同じく東海連合会の深谷明弘鳩舎、総合3位は新中日本連合会の安藤正彦鳩舎が、それぞれ入賞しています。また総合5位・総合8位に坪井和利鳩舎、総合7位・総合9位に岩田義幸鳩舎と、尾張連合会勢が、それぞれ複数羽を上位入賞させました。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/tokai.html

〈総合優勝〉

加藤正祝鳩舎(東海連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
16SA08968 B 963.722キロ 31時間47分59秒 505.099m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

16SA08968 B ♀ 加藤正祝 作翔(東海)
*兄弟/シルバーカップ総合優勝

祖父
13SA00314 B 加藤正祝 作
加藤ポシェライン
“レネ・ブリクセン”
B08-2171731 PB J.Y.ヨンカース 作翔 
祖母

12SA04697 B
Rg500K総合5位

祖父

14SA16925 B 加藤正祝 作翔
GP700K総合6位
加藤ポシェライン

10SA10121 B
GP800K総合13位
兄弟/地区N700K2,090羽中総合3位

祖母

03SA03680
SC600K総合10位

●濃尾地区連盟1000K(北海道余市より5月12日5時放鳩)

濃尾連盟の桜花賞は、記録範囲内帰還が3羽。総合優勝は尾北第二連合会の横井司馬夫鳩舎が獲得。また、総合2位には伊藤勇次鳩舎(岐阜県)、総合3位には堀田久男鳩舎(尾北)が、それぞれ入賞しています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/nobi.html

〈総合優勝〉

横井司馬夫鳩舎(尾北第二連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
17SC08789 BW 952.653キロ 31時間46分55秒 499.577m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

17SC08789 BP ♀ 横井司馬夫 作翔(尾北第二)

祖父
16OX15855 B 渡辺運伸 作 

04HF14647 B 渡辺 正 作
“レコードブレーカー”דマキシマ”

祖母

13HA08610 B 香取邦俊 作
“レコードブレーカー”דスプリント”娘

祖父
16KA26636 BW UFOロフト 作 

“小吉号”
13KA25953 B UFOロフト 作翔
300K4,525羽中総合優勝

祖母

11KA01003 B UFOロフト 作翔
Rg3,778羽中8位
同腹/“スピーディ号”

●三重地区連盟1000K(北海道余市より5月12日5時放鳩)

三重連盟の桜花賞は、連盟唯一羽帰りで、三重第三連合会・丹羽和一鳩舎の「17SB05528」が総合優勝を獲得しました。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/mie.html

〈総合優勝〉

丹羽和一鳩舎(三重第三連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
17SB05528 BP 1005.950キロ 34時間18分43秒 488.629m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

17SB05528 BP ♀ 丹羽和一 作翔(三重第三)

祖父

14SB00957 B 丹羽和一 作
直仔/16年1000K総合10位
同腹の直仔/18年GP総合優勝、桜花賞900K総合4位

11SB02461 BP 丹羽 作
12年1000K総合6位、13年同総合28位、14年同総合15位、RCH認定

祖母

11SB02491 BC 丹羽 作
12年1000K総合70位、13年1100K連盟5位、14年1000K総合17位、RCH認定

祖父
08SB04314 BC ヤスラギロフト 作 

03SB03388 BC 丹羽和一 作
直仔/地区N700K総合2位、GP総合6位、東日本稚内GN総合284位 他

祖母
07SB08494 B 丹羽 作 

前へ

2018年桜花賞レース 中部ブロック連盟(5連盟)

次へ

2018年桜花賞レース 近畿ブロック連盟(3連盟)