2017年グランプリレース 濃尾地区連盟

ナショナルレースとは、当協会所属のブロック連盟、または地区競翔連盟が実施する鳩レースで、「地区ナショナルレース」、「グランプリレース」、「グランドナショナルレース」の3種類があります。グランプリレースは、公称距離700Kとなっており、鳩レースでは中・長距離に分類されます。なお、基本的に当レースから複数の連盟による合同レースとなります(申請すれば、単独連盟の開催も可)。

●濃尾地区連盟700K(青森県深浦より5月19日5時15分放鳩)

総合優勝は、優勝分速1011.026メートルで岐阜県連合会の伊藤勇次鳩舎が獲得。総合2位は尾北第二連合会の末次文男鳩舎、総合3位が桑名連合会の長谷川佳紀鳩舎でした。末次鳩舎は総合5位、長谷川鳩舎は総合4位も獲得し、ベストテン内に2羽を入賞させています。また、97年日本最優秀鳩舎賞の大橋憲夫鳩舎(岐阜県連合会)が総合6位、12年日本最優秀鳩舎賞の藤田淳一鳩舎(尾北第三連合会)が総合8位と、全国レベルの強豪も活躍しています。

〈総合ベストスリー〉

総合優勝:伊藤勇次鳩舎(岐阜県連合会)
総合2位 :末次文男鳩舎(尾北第二連合会)
総合3位 :長谷川佳紀鳩舎(桑名連合会)

順位 鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
総合優勝 16SC03062 BC 662.643キロ 10時間55分25秒 1011.026m
総合2位 15SC00938 BC 657.488キロ 10時間59分12秒 997.402m
総合3位 16SC04912 BC 721.474キロ 13時間26分21秒 894.740m

〈総合ベストスリー鳩の血統紹介〉

※ペンディング しばらくお待ちください。

前へ

趣味のピジョンスポーツ 第10回「幼少期の郷愁から、夫婦で愛鳩家」

次へ

2017年グランプリレース 北陸ブロック連盟