「第76回 全国レース鳩品評会」開催!

今回で第76回目を迎えた「全国レース鳩品評会」は、12月18日(日)に東京都台東区上野公園の日本鳩レース協会内で開催されました。コロナ禍により2年振りとなる開催です。なお、今年の運営では、埼玉ブロック連盟の皆さんにお手伝いいただいています。


役員、運営スタッフの皆さん

今回の参加羽数予定は、全国から集まった雄鳩44羽、雌鳩52羽の計96羽。なお、今大会からコロナ禍の影響などで、地区品評会が開催されない地域の方々の救済策として、公認審査員による実見認証により、全国品評会への参加が認められるようになりました。

さて、受け付けは午前9時30分からスタート。密集を避けるため、45分間隔で若鳩・中距離クラス、長距離・スタンダードクラス、チャンピオン・スーパーチャンピオンクラスと2クラスごとに、時間をずらして受け付けています。

各時間ごとに、全国から参加者が集まり、各地区予選を突破している俊鳩を出陳していきます。

受付の模様

審査を担当する審査員の打ち合わせは、正午から。公正を期すため、当日に決定される、各クラスの審査担当は以下の通りとなりました。

若鳩クラス=柴田敏広審査員(加賀第二)、中距離クラス=渡辺 稔審査員(鳳)、長距離クラス=森野達男審査員(ベイ東京)、スタンダードクラス=八田 伸審査員(下総)、CHクラス=田久保政二審査員(京葉)、スーパーCHクラス=柴崎昇一審査員(埼玉北辰)


審査打ち合わせの模様

厳正な審査の結果、まず各クラスの一席鳩~五席鳩までのベスト5が決定。その後、各クラス一席鳩が集められ、その中から、審査員の投票で総合のベストスリーが決定しました。

柴崎昇一審査員長

審査の模様

投票の結果、本年度の“日本一の美しいレース鳩”に選ばれたのは、静岡東連盟・富士宮連合会の赤澤正実鳩舎が出陳した「19PB04763 チョコ」(中距離クラス♂部門一席)。総合二席は新潟連盟・雪国連合会の大竹清一鳩舎が出陳した「19FB04856 BC」(長距離クラス♀部門一席)。総合三席は総合一席獲得の赤澤正実鳩舎が出陳した「20PB03772 ÐC」(中距離クラス♀部門一席)。

ベストスリーに2羽を入賞させた赤澤鳩舎は、過去に5度の総合一席を獲得している「品評会の名人」。今回、6度目となる日本一の栄冠を手にしました。また総合二席の大竹鳩舎は、上記の救済措置である実見認証により、全国の舞台に立ち、見事に初の総合入賞を果たしました。

皆さん、本当におめでとうございます。


総合ベストスリーの皆さん。総合一席・総合三席=赤澤正実鳩舎(中央・右)、総合二席=大竹清一鳩舎(左)

さて、今年の総合ベストスリー鳩の紹介と各クラスのベスト5序列は、以下に記します。

年末恒例の「全国レース鳩品評会」は、今年も無事、幕を閉じました。また次回も、「速く、強く、美しく」の三位一体を備えた、「見て良し、飛んで良し」の俊鳩達が全国から集まります。来年の「日本鳩レース界の美の祭典」を楽しみに待ちましょう!

【ユーチューブ動画はこちら】

「第76回 全国レース鳩品評会」 成績発表

●総合ベストスリー

序列 鳩番号 羽色 出陳者 所属 クラス
総合一席 19PB04763 チョコ 赤澤正実 静岡東連盟(富士宮) 中距離クラス♂部門一席
総合二席 19FB04856 BC 大竹清一 新潟連盟(雪国) 長距離クラス♀部門一席
総合三席 20PB03772 DC 赤澤正実 静岡東連盟(富士宮) 中距離クラス♀部門一席

〈総合一席鳩の血統〉

※しばらくお待ちください。

 
祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

〈総合二席鳩の血統〉

※しばらくお待ちください。

 
祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

〈総合三席鳩の血統〉

※しばらくお待ちください。

 
祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

●各クラスベスト5

〈若鳩クラス♂部門〉

 
序列 鳩番号 羽色 出陳者 所属
一席 22XA12741 BC 上野 栄一 なにわ
二席 22AA04825 BC 竹村  進 札幌
三席 22LB01974 B 山野 聖仁 京葉
四席 22KA01356 B 小田 義光 埼玉北辰
五席 22KA01571 B 大久保元美 埼玉北辰

〈若鳩クラス♀部門〉

 
序列 鳩番号 羽色 出陳者 所属
一席 22KA17713 B 内田 忠雄 埼玉幸手
二席 22ⅬB02121 BC 小川 正雄 京葉
三席 22KA11307 B 伊藤 雄介 埼玉大和
四席 22PE02714 B 岡田 辰一 ニュー愛知
五席 22ⅬK06586 B 坂本  稔 成田

〈中距離クラス♂部門〉

 
序列 鳩番号 羽色 出陳者 所属
一席 19PB04763 チョコ 赤澤 正実 富士宮
二席 19AA17328 B 清野 清隆 ニュー札幌
三席 21KA02630 B 鈴木  隆 埼玉北葛
四席 22KA31104 BC 芝崎 元彰 埼玉北葛
五席 19PH00992 BC 熊倉 照夫 松本

〈中距離クラス♀部門〉

 
序列 鳩番号 羽色 出陳者 所属
一席 20PB03772 DC 赤澤 正実 富士宮
二席 21FF04333 BC 植木清三郎 新潟第一
三席 19FB04851 BC 大竹 清一 雪国
四席 20KA35854 B 伊藤 雄介 埼玉大和
五席 20PB03743 BLK 赤澤 正実 富士宮

〈長距離クラス♂部門〉

 
序列 鳩番号 羽色 出陳者 所属
一席 20KA31201 BC 中田 幸雄 埼玉南部
二席 20KA05639 B 野口 正義 ニュー南埼
三席 21FB00443 B 大竹 清一 雪国
四席 21FB00074 BC 青木 伸男 雪国
五席 19FB05263 BC 青木 伸男 雪国

〈長距離クラス♀部門〉

 
序列 鳩番号 羽色 出陳者 所属
一席 19FB04856 BC 大竹 清一 雪国
二席 19KA33809 B 加藤 忠雄 埼玉北葛
三席 20PB03739 チョコ 赤澤 正実 富士宮
四席 18ⅬB01382 BC 山野 聖仁 京葉
五席 20KA20090 BC 鈴木  隆 埼玉北葛

〈スタンダードクラス♂部門〉

 
序列 鳩番号 羽色 出陳者 所属
一席 19FB05265 シャーリー 青木 伸男 雪国
二席 19KA10959 B 新井  繁 埼玉北辰
三席 20KA20145 BC 鈴木  隆 埼玉北葛
四席 21KA17191 BC 大久保元美 埼玉北辰
         

〈スタンダードクラス♀部門〉

 
序列 鳩番号 羽色 出陳者 所属
一席 21XA05059 BC 赤澤 正実 富士宮
二席 19KA33863 BC 関根 英次 埼玉吉川
三席 20ⅬB00794 BC 中台  勇 東関東
四席 21KA15066 B 小田 義光 埼玉北辰
五席 21ÐA23131 BC 丸山 浩一 松本

〈チャンピオンクラス♂部門〉

 
序列 鳩番号 羽色 出陳者 所属
一席 21ОB01284 B 畠中 直彦 宮城東部
二席 21LH01461 BC 高津 久幸 北総
三席 17AA11517 B 中谷 敏美 岩見沢
         
         

〈チャンピオンクラス♀部門〉

 
序列 鳩番号 羽色 出陳者 所属
一席 21AA03776 BC 中谷 敏美 岩見沢
二席 21AA04949 BC 佐々木昇太郎 札幌
三席 21KA02601 BC 鈴木  隆 埼玉北葛
四席 21FB00066 BC 青木 伸男 雪国
五席 20KA21164 BC 加藤 忠雄 埼玉北葛

〈スーパーチャンピオンクラス♂部門〉

 
序列 鳩番号 羽色 出陳者 所属
一席 21FF04787 BC 植木清三郎 新潟第一
二席 21KA17402 BC 小田 義光 埼玉北辰
三席 21KA15924 B 新井  繁 埼玉北辰
四席 21KA02696 BC 鈴木  隆 埼玉北葛
五席 20KA20832 BC 関根 英次 埼玉吉川

〈スーパーチャンピオンクラス♀部門〉

 
序列 鳩番号 羽色 出陳者 所属
一席 21XA01846 B 山本 清一 京都雅
二席 20ОA09537 B 濱田 浩司 ニュー三陸
三席 20PE00153 B 岡田 辰一 ニュー愛知
四席 21KA02696 BC 鈴木  隆 埼玉北葛
五席 20KA20832 BC 関根 英次 埼玉吉川

 

●「レース鳩」の品評会とは?

鑑賞動植物や家畜・農作物の世界には、各地の生産物を一堂に集め、その優劣を競う品評会がありますが、レースが主体である鳩レースの世界にも、品評会が存在します。

「レース鳩」の品評会は年に一度、秋季レース終了後に開催されており、まず各地区(ブロック連盟など)で「地区品評会」が開催されます。これが、いわゆる地区予選となり、各カテゴリー(6クラス12部門)の10位までに入賞した鳩が全国大会への切符を得ます。この地区予選には毎年、全国で1000羽程度が参加しており、その後、12月に行われる「全国レース鳩品評会」に、全国各地域より100~150羽ほどが参加しています。

●「レース鳩品評会」の審査基準

では「レース鳩」の品評会は、どのような基準で審査されるのでしょうか?

「全国レース鳩品評会」は、レースシーズンオフの“美の祭典”として位置づけられており、抽象的な表現では、―“速く・強く・美しい”―鳩となりますが、基本的には「レーサーとしての能力を持っているか」が重要な評価の対象となります。当協会が制定する品評会の審査基準にも〈早くて耐久力のあるレース鳩とはどういう鳩かを形に表して制定したもので、レース鳩の理想的なモデルとなることを目的としている〉と記載されており、骨格・肉付きといったレース鳩としての性能を表す部分が重要視され、加えて体型のバランスや羽毛といった美しさが必要となります。


審査ポイントの概要

6クラス12部門あるカテゴリーは、1「若鳩クラス」(当才鳩で公称200K以上のレース上位20%入賞)、2「中距離クラス」(過去2年間400K~600Kレース上位20%入賞)、3「長距離クラス」(過去2年間公称700K以上のレース上位20%入賞)、4「スタンダードクラス」(過去3年間実距離200K以上のレースで延べ飛翔距離2000K以上かつ全対象レース上位20%入賞)、5「チャンピオンクラス」(過去2年間Rg以上の連盟レース上位5%入賞)、6「スーパーチャンピオンクラス」(過去2年間Rg・地区N・GP・桜花賞・GNの連盟優勝鳩及び上位1%入賞)の6つで、それぞれ雌雄の部門に分けられています。

この12部門の各一席(※1位のこと)となった鳩の中から、さらに総合一席・総合二席・総合三席のベストスリーが選ばれます。

前へ

「第20回 全日本ゼネラルチャンピオン賞」発表

次へ

連載3-10、日本鳩レース界の歴史