「第29回 レース鳩帰還率賞」 各クラス全国ベストスリー発表!

「レース鳩帰還率賞」とは、失踪率が高い鳩レースにおいて、愛鳩精神をもって高帰還率を目指す視点で制定された賞です。対象レースは、春季レジョナルと地区ナショナルの2レース。各レースの参加羽数が10羽以上の鳩舎で競われ、各レースにおいて、ゴールドクラス(参加31羽以上)、シルバークラス(参加30羽以下)の2クラスに区分されています。

「レース鳩帰還率賞」が誕生したのは、1990年。「公益財団法人 山階鳥類研究所」の発案により、「愛鳩精神をもって迷い鳩の減少に努力し、高帰還率の成績を収めた鳩舎を表彰する」ことを目的に制定され、今回で第29回を迎えます。

鳩レースとは「自鳩舎へ速く帰すこと」を目標としていますが、それにはもちろん、飼い主の「帰す力」自体が必要となるため、この賞は競翔力の基礎となるタイトルといえるでしょう。実際、同賞のタイトルホルダーには、全国タイトルの常連組や各地の強豪鳩舎の名前が多数みられます。

同賞の対象は、春季レジョナルと地区ナショナルの2レースで、各レースで参加羽数別に2クラスが設定され、帰還率の優劣で全国ベストスリーが決定します。各クラスはゴールドクラス(参加31羽以上)とシルバークラス(参加30羽以下)に分けられ、1位が最高帰還率賞、2位・3位は高帰還率賞となります。なお、帰還率が同じ場合、参加羽数が多い鳩舎、参加羽数も同じ場合、距離が長い鳩舎が上位となります。

さて今年の同賞のタイトルですが、春季Rg・ゴールドクラス全国最高帰還率賞は、千葉東連盟・ニュー成田連合会の岡谷順一鳩舎、シルバークラス全国最高帰還率賞が、千葉東連盟・ニュー成田連合会の綿貫正美鳩舎。地区N・ゴールドクラス全国最高帰還率賞は、平成千葉連盟・常総中央連合会の青山 茂鳩舎、シルバークラス全国最高帰還率賞が埼玉連盟・埼玉北辰連合会の大久保元美鳩舎となりました。

このタイトル獲得は、受賞鳩舎はもちろん、連盟の競翔・放鳩のスタッフの皆さんの努力の賜物ともいえます。タイトルホルダーとなった皆さん、そして連盟役員の皆さん、本当におめでとうございました。

以下、各クラスのベストスリーと共に、成績を発表します。

「第29回 レース鳩帰還率賞」

〈春季Rg・ゴールドクラス全国最高帰還率賞&高帰還率賞〉

全国最高帰還率賞:岡谷順一鳩舎(千葉東連盟・ニュー成田連合会)

順位 受賞者 所属 参加羽数 帰還羽数 帰還率 実距離
1 岡谷順一 ニュー成田 53羽 50羽 94.34% 485.675キロ
2 中條 進 仙北 33羽 30羽 90.91% 456.711キロ
3 永江ロフト しらさぎ南 51羽 40羽 78.43% 412.429キロ

 

〈春季Rg・シルバークラス全国最高帰還率賞&高帰還率賞〉

全国最高帰還率賞:綿貫正美鳩舎(千葉東連盟・ニュー成田連合会)

順位 受賞者 所属 参加羽数 帰還羽数 帰還率 実距離
1 綿貫正美 ニュー成田 27羽 27羽 100% 472.303キロ
2 松原 修 富山 10羽 10羽 100% 381.885キロ
3 垂見安博 北星 10羽 10羽 100% 381.885キロ

 

〈地区N・ゴールドクラス全国最高帰還率賞&高帰還率賞〉

全国最高帰還率賞:青山 茂鳩舎(平成千葉連盟・常総中央連合会)

順位 受賞者 所属 参加羽数 帰還羽数 帰還率 実距離
1 青山 茂 常総中央 37羽 37羽 100% 570.694キロ
2 小川安都志 東金C 48羽 46羽 95.83% 595.671キロ
3 鈴木 斉 東金C 72羽 67羽 93.06% 596.377%

 

〈地区N・シルバークラス全国最高帰還率賞&高帰還率賞〉

全国最高帰還率賞:大久保元美鳩舎(埼玉連盟・埼玉北辰連合会)

順位 受賞者 所属 参加羽数 帰還羽数 帰還率 実距離
1 大久保元美 埼玉北辰 12羽 11羽 91.67% 681.646キロ
2            
3            

前へ

2018年グランドナショナルレース 九州ブロック連盟

次へ

「平成30年度 会長賞」全国1位&各連盟 受賞鳩発表! PART1(東日本編)