2020年地区ナショナルレース 中国ブロック連盟(3連盟)

ナショナルレースとは、当協会所属のブロック連盟、または地区競翔連盟が実施する鳩レースで、「地区ナショナルレース」、「グランプリレース」、「グランドナショナルレース」の3種類があります。地区ナショナルレースは、公称距離600Kとなっており、鳩レースでは中・長距離に分類されます。

●中国地区連盟700K(新潟県内野より4月11日6時10分放鳩/参加12羽6鳩舎)

中国連盟の地区Nは連盟唯一羽帰りで、広島中央連合会の梅田清幸鳩舎が総合優勝を獲得しました。優勝分速は249.419メートルです。

〈総合優勝〉

梅田清幸鳩舎(広島中央連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
19VE02679 DC 695.262キロ   249.419m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

●山陰地区連盟700K(新潟県内野より4月11日6時10分放鳩/参加182羽23鳩舎)

山陰連盟の地区Nを制したのは、優勝分速1102.253メートルで、島根連合会の杉谷育夫鳩舎。また総合2位・総合8位に出雲連合会の渡部義雅鳩舎、総合5位・総合9位に同じく出雲連合会の土江 茂鳩舎と、それぞれ2羽をベストテン内に入賞させています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/sanin.html

〈総合優勝〉

杉谷育夫鳩舎(島根連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
19-56505 BC 586.068キロ   1102.253m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

●瀬戸内地区連盟600K(新潟県内野より4月11日6時10分放鳩/参加242羽29鳩舎)

総合ワンツーフィニュシュを決めた、瀬戸内連合会の渡辺仁志鳩舎が、優勝分速1063.162メートルで、瀬戸内連盟の地区Nを制しました。総合3位・総合10位には、岡山連合会の歳森 潔鳩舎が入賞。また総合5位・総合9位に岡山中央連合会の平川智一鳩舎、総合7位・総合8位に福山中央連合会の門田 修鳩舎が、それぞれ2羽をベストテン内に入賞させています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/setouchi.html

〈総合優勝〉

渡辺仁志鳩舎(瀬戸内連合会)

鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
19VV07017 RC 588.602キロ 9時間13分38秒 1063.162m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

前へ

2020年地区ナショナルレース 北陸ブロック連盟(3連盟)

次へ

2020年地区ナショナルレース 四国ブロック連盟(2連盟)