2022年グランドナショナルレース 九州ブロック連盟

ナショナルレースとは、当協会所属のブロック連盟、または地区競翔連盟が実施する鳩レースで、「地区ナショナルレース」、「グランプリレース」、「グランドナショナルレース」の3種類があります。グランドナショナルレースは、公称距離1000K以上となっており、鳩レースでは長距離、超長距離に分類されます。なお、基本的にブロック連盟による合同レースとなります(申請すれば、単独連盟の開催も可)。また、広域レースとは複数のブロック連盟で合同レースを行い、序列を組みます。広域地域より大羽数が参加するレースとなるため、これらのレースで総合優勝することが、多くのレースマンの目標となっています。

●九州ブロック連盟1000K-1100K(山形県酒田より5月8日6時8分放鳩/参加316羽72鳩舎)

※合同団体:東九州地区連盟・西九州地区連盟・筑後地区連盟・中九州地区連盟

九州ブロックGNは、総合ワンツーフィニッシュを決めた市川敏夫鳩舎(福岡)が、総合優勝を獲得。総合3位・総合5位・総合9位と、石井節生鳩舎(ちくぜん)が3羽をベストテン内に入れています。。

〈総合ベストスリー〉

総合優勝:市川敏夫鳩舎(西九州・福岡連合会)
総合2位 :市川敏夫鳩舎(西九州・福岡連合会)
総合3位 :石井節生鳩舎(東九州・ちくぜん連合会)

順位 鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
総合優勝 21YB03213 BC 1018.717キロ 16時間28分38秒 1030.429m
総合2位 20YB01501 BC 1018.717キロ 17時間22分44秒 976.968m
総合3位 21ÝA00904 BC 996.080キロ 17時間11分23秒 965.771m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

〈総合優勝〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

前へ

2022年グランドナショナルレース 全四国地区連盟

次へ

令和4年度「一般社団法人 日本鳩レース協会」タイトル受賞者一覧 発表!