2021年グランドナショナルレース ニュー近畿地区連盟

ナショナルレースとは、当協会所属のブロック連盟、または地区競翔連盟が実施する鳩レースで、「地区ナショナルレース」、「グランプリレース」、「グランドナショナルレース」の3種類があります。グランドナショナルレースは、公称距離1000K以上となっており、鳩レースでは長距離、超長距離に分類されます。なお、基本的にブロック連盟による合同レースとなります(申請すれば、単独連盟の開催も可)。また、広域レースとは複数のブロック連盟で合同レースを行い、序列を組みます。広域地域より大羽数が参加するレースとなるため、これらのレースで総合優勝することが、多くのレースマンの目標となっています。

●ニュー近畿地区連盟1000K(北海道余市より5月4日7時30分放鳩/参加27羽13鳩舎)

ニュー近畿連盟のGNは、記録範囲内帰還が5羽。総合優勝は、関西連合会の金谷相基鳩舎。優勝分速は595.037メートルでした。また総合2位は岩本勝男鳩舎(関西)、総合3位は古里治彦鳩舎(京都雅)が、それぞれ入賞しています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/new-kinki.html

〈総合ベストスリー〉

総合優勝:金谷相基鳩舎(関西連合会)

順位 鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
総合優勝 18XA04554 B 1052.512キロ 29時間28分49秒 595.037m
総合2位 18XA03711 BC 1059.910キロ 31時間30分14秒 560.729m
総合3位 19XA09132 BC 1025.655キロ 31時間4分46秒 550.018m

〈総合優勝鳩の血統紹介〉

〈総合優勝〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 

前へ

2021年グランドナショナルレース 羽越ブロック連盟

次へ

2021年グランドナショナルレース 兵庫県地区連盟