2021年グランプリレース 東海ブロック連盟

ナショナルレースとは、当協会所属のブロック連盟、または地区競翔連盟が実施する鳩レースで、「地区ナショナルレース」、「グランプリレース」、「グランドナショナルレース」の3種類があります。グランドナショナルレースは、公称距離1000K以上となっており、鳩レースでは長距離、超長距離に分類されます。なお、基本的にブロック連盟による合同レースとなります(申請すれば、単独連盟の開催も可)。また、広域レースとは複数のブロック連盟で合同レースを行い、序列を組みます。広域地域より大羽数が参加するレースとなるため、これらのレースで総合優勝することが、多くのレースマンの目標となっています。

●東海ブロック連盟700K(青森県黒石より4月15日6時10分放鳩/参加972羽102鳩舎)

※合同団体:東海地区連盟・濃尾地区連盟・三重地区連盟

総合ワンツー&総合4位を獲得した、濃尾連盟・岐阜県連合会の大橋憲夫鳩舎が、東海ブロックGPを制しました。優勝分速は1239.333メートルです。また総合3位に、同じく岐阜県連合会の伊藤勇次鳩舎が入賞しています。

※下記リンク先にて序列が確認できます。
http://www.jrpa.or.jp/members/results/tokai-block.html

〈総合ベストスリー〉

総合優勝:大橋憲夫鳩舎(濃尾連盟・岐阜県連合会)
総合2位 :大橋憲夫鳩舎(濃尾連盟・岐阜県連合会)
総合3位 :伊藤勇次鳩舎(濃尾連盟・岐阜県連合会)

順位 鳩番号 羽色 距離 所要時間 分速
総合優勝 20SC04061 BC 693.221キロ 9時間19分21秒 1239.333m
総合2位 19SC05775 B 693.221キロ 9時間19分54秒 1238.115m
総合3位 20SC04452 BC 691.490キロ 9時間24分41秒 1224.563m

〈総合ベストスリー鳩の血統紹介〉

〈総合優勝〉

※しばらくお待ちください。

祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 
 

前へ

2021年グランプリレース 中部三地区連盟

次へ

2021年グランプリレース ニュー近畿地区連盟