「2018年度 八郷オリエンタルカップ700K」開催!

国際委託鳩舎レースでは、当協会が運営する2つの鳩舎(八郷鳩舎=茨城県石岡市、伊賀鳩舎=三重県伊賀市)にて、全国の会員の方から委託されたレース鳩のヒナを育てて(飼育・調教・訓練)、複数回の鳩レースを行っています。鳩の帰還コースは、八郷鳩舎が秋と春に北コースで7レース(最長距離900Kキロで北海道汐見から茨城県まで)、伊賀鳩舎が秋に西コースで6レース(最長距離500キロで山口県下関から三重県まで/併催2レース)を実施しています。元来、鳩レースを行うのは、費用と手間のかかるもの。それを「ヒナの段階まででレースを楽しめる」という手軽さもあって、現在では毎年1万羽近くの応募があり、ヒナ鳩を預けるために抽選を行わなければならないほど、人気を博しています。

2018年度 八郷国際委託鳩舎レースも、残すところ2レース!

先日の4月5日(木)に「八郷オリエンタルカップ700K」が開催されました。

前回の「八郷国際親善鳩レース大会500K」から、インターバルは2週間。放鳩地である北海道長万部より午前5時50分に放鳩。参加128羽は、北海道の地より八郷の上空を目指します。

今回のオリエンタルカップは、北海道からの放鳩となるため、本州に渡るには津軽海峡を越えなければなりません。いわゆる“海越えレース”となり、イヤリング鳩(1才鳩)である委託鳩達にとっては、初めて海の上を飛ぶことになります。海上には強風が吹くこともあり、目標物となる建物もありません。レーサー達は、この試練をどう乗り越えてゆくのでしょうか?

さて、一番手が八郷の空に現れたのは、午後3時頃。優勝は北多摩連合会の佐藤芳彦鳩舎が委託した「17MK06350」。記録時刻は午後3時10分06秒1、分速1252.369メートルでした。また、第2位で入舎したのは、トップと約3分38秒差で、同じく北多摩連合会の清水 保鳩舎が委託した「17MK07126」。奇しくも同じ連合会の方から委託された2羽が、ワンツーフィニュシュを決めています。これは過去の八郷鳩舎の歴史から見ても、稀なこと。ちなみに、2位の「07126」は前レース「国際親善鳩レース大会500K」では7位に入賞しており、2レース連続シングル入賞となりました。佐藤さん、清水さん、本当におめでとうございます。

トップ鳩の帰還シーン

レースの結果は、当日帰還が17羽、2日目に14羽、3日目・4日目各1羽と、記録範囲内の4日目までに33羽が帰還を果たしています。

断続的に帰還が続いた

海越えの試練を乗り越えたレーサー達が次に挑むのは、ゴールデンウィークに開催される関東三大広域長距離レースの「東日本CH」と併載の「国際チャンピオン900K」。18年度八郷国際委託鳩舎シリーズの有終の美を飾る帰還鳩は、果たして何羽出るのでしょうか?

刮目して注目しましょう!

八郷オリエンタルカップ700K ベストテン序列

順位 鳩舎名 鳩番号 記録時刻 分速 所属
1位 佐藤義彦 17MK06350 15:10:06.1 1252.369 北多摩
2位 清水 保 17MK07126 15:13:38.1 1244.518 北多摩
3位 西岡哲也 17FF00167 15:31:03.2 1207.215 新潟第一
4位 大石正人 17DA15725 15:36:44.7 1195.521 賛助会員
5位 岡 裕三 17VE03306 15:37:25.1 1194.130 山陽
6位 藤原将雄 17DA17359 15:42:19.1 1184.252 白鳩愛鳩会
7位 菊橋陽介 17MM01741 15:45:20.7 1178.251 東京本所
8位 高橋和男 17ES04237 15:45:24.7 1178.119 藤沢北部
9位 水越康治 17HA17092 15:48:56.7 1171.169 関東東部
10位 水澤精二 17OX06906 16:05:51.7 1138.998 賛助会員

優勝鳩の血統

※しばらくお待ちください。

 
祖父
   
祖母
 
祖父
   
祖母
 
2位鳩「17MK07126」
3位鳩「17FF00167」
餌をついばむ帰還鳩達

前へ

2018年春季レジョナルレース 中国ブロック連盟(3連盟)

次へ

2018年地区ナショナルレース 北関東ブロック連盟(9連盟)